Android用MetaTrader 4

このアプリケーションは、外国為替市場での取引や、スマートフォンやタブレットによる金融商品の分析のために設計されています。

Google Play web リンク: https://download.mql5.com/cdn/mobile/mt4/android?server=JustForex-Demo,JustForex-Live,JustForex-Live2

システム条件: Android OS 4.0以降を搭載したタッチスクリーンデバイス。

Android 用MetaTrader 4をダウンロードする

Android 用MetaTrader 4概要

  • Android 用MetaTrader 4 は、PC用MetaTrader 4と非常に似ています。このモバイルアプリケーションは、Android OSプラットフォーム上ではこれらの機能の需要があまりないようであるため、アルゴリズム取引機能を除いたほとんどのPC端末の機能(強力な技術分析はもちろん、すべての取引機能、実行モード )に対応しています。
  • アプリケーションは、すべてのスマートフォンおよびタブレットで機能し、すべての画面解像度に対応しています。スマートフォンおよびタブレットの端末インタフェースはそれぞれ異なり、これらの端末で機能するよう具体的に最適化されています。
  • アプリケーションの操作には、インターネット接続が必要です。モバイル通信またはWi-Fiで接続が可能です。
  • 端末は、トレーダーのアカウントを使用してMetaTrader 4の取引サーバーに接続されています。アプリケーションは、実際の口座及びデモ口座の両方で作動します。
  • PC端末と同様、ユーザーの方はまさにMetaTrader 4 Androidでデモ口座を開設することができます。 端末で管理される口座の総数は無制限です。
    mt4 android – new account
  • 利用可能なすべてのシンボルの見積もりは、リアルタイムで受信されます。

取引機能

  • 端末は、利用可能なすべての金融商品の見積もりを受信し、表示します。
    mt4 android – add symbol
    mt4 android – selected symbols
  • 見積もりは、マーケットウォッチに表示されます。マーケットウォッチは、最小限またはより詳しく表示することができます。マーケットウォッチに表示されるシンボルのリストを設定することができます。例えば、ユーザーは現在必要でないシンボルを隠すことができます。
    mt4 android – detailed quotes
    mt4 android – quotes
  • 取引オーダー一式のサポートにより、取引戦略の実行に柔軟性およびPC用MetaTrader 4との完全な互換性が提供されます。PCを通して実行されるすべての取引は、モバイル端末に正しく表示され、管理することができます。逆のことも言えます:モバイル端末を通して取引を実行した後、ユーザーはPC用端末を介して作業を継続することができます。
    以下のオーダーが利用可能です:
    • マーケットオーダーの購入および販売
    • セルストップ、セルリミット、バイリミットの未決済オーダー
    • テイクプロフィットおよびストップロスの逆指し値オーダー
    モバイル端末を通して実行されるすべての取引は、PC端末を通して実行されるものと同一です。取引操作のすべてのパラメーターは、MetaTrader 4 Androidを使用して制御することもできます。
  • トレーリングストップは実行されていませんが、今後表示される可能性があります。
  • 取引履歴の保存および表示。シンボルおよび時間枠による取引履歴のフィルタリングシステムは、便宜上実施されます。
    mt4 android – history

チャートおよびアナリティック

  • MetaTrader 4 Androidでは、利用可能なすべてのシンボルの見積もりをチャートで表示できます。スマートフォンでは、縦および横向きに対応しています。ユーザーは、デバイスを回転して切り替えるだけで大丈夫です。
    mt4 android – portrait chart
    mt4 android – landscape chart
  • チャートは、受け取った各時間枠の見積もりに基づいて生成されています。見積もりの別のベースが各期間に使用されます。M1に関するデータがある一方でM15にデータがない場合、このチャートを参照するとアップロードされます。M1からMN1までの9つの利用可能な時間枠があります:M1、M5、M15、M30、H1、H4、D1、W1およびMN1です。
  • PC端末と同様、チャートにはライン、ろうそく、バーの3種類があります。トレーダーの方は、これらを簡単に切り替えることができます。
  • チャートには、ボリューム、取引レベルおよびOHLCラインが表示されます。トレーダーの方は、「十字線」モードでデータウィンドウを表示することもできます。選択したチャートポイントで正確な見積もりまたはインジケーター値が表示されます。
  • ズームおよびスクロールは通常の方法で行われます。PC端末にデータをアップロードするのと同様に、チャートをスクロールすると、失われた履歴が自動的にアップロードされます。
  • 技術分析には、30の技術的なインジケーターが使用されています。
    • Accelerator Oscillator(アクセラレーター・オシレーター)
    • Accumulation / Distribution(蓄積/配信)
    • Alligator(アリゲーター)
    • Average Directional Movement Index(平均方向性指数)
    • Average True Range(アベレージ・トゥルー・レンジ)
    • Awesome Oscillator(オーサム・オシレーター)
    • Bears Power(ベアパワー)
    • Bollinger Bands®(ボリンジャーバンド)
    • Bulls Power(ブルパワー)
    • Commodity Channel Index(コモディティチャンネル指数)
    • DeMarker(デマーカー)
    • Envelopes(エンベロープ)
    • Force Index(勢力指数)
    • Fractals(フラクタル)
    • Gator Oscillator(ゲーターオシレーター)
    • Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)
    • MACD(「移動平均収束拡散手法」)
    • Market Facilitation Index(マーケット・ファシリテーション・インデックス)
    • Momentum(モメンタム)
    • Money Flow Index(マネーフローインデックス)
    • Moving Average(移動平均)
    • Moving Average of Oscillator(移動平均オシレーター)
    • On Balance Volume(オンバランスボリューム)
    • Parabolic SAR(パラボリックSAR)
    • Relative Strength Index(相対力指数)
    • Relative Vigor Index(相対活力指数)
    • Standard Deviation(標準偏差)
    • Stochastic Oscillator(ストキャスティクス オシレーター)
    • Volumes(ボリューム)
    • Williams' Percent Range(ウィリアムズ%R)
    便宜上、すべてのインジケーターは、トレンドインジケータ、オシレーター、ボリュームインジケータ、ビルウィリアムズの各ツールに分かれています。
  • インジケーターは、チャートまたはウィンドウに直接表示できます。トレーダーの方は、1つのインジケーターウィンドウに複数の独立した分析ツールを配置したり、別のインジケーターウィンドウのデータに基づいてインジケーターを作成したりすることができます。例えば、トレーダーは相対的指数に移動平均を適用して、RSIの滑らかな曲線を得ることができます。
  • アプリケーションには、分析オブジェクト(例えば、アンドリューズ・ピッチフォークやフィボナッチアークなど)はありませんが、将来の構造の1つで実行されます。
Android 用MetaTrader 4をダウンロードする