外国為替ではどのようにしてオーダーが実行されるのか

Market vs. Instant Execution

オーダー実行は外国為替取引において重要な段階です。簡単にいうと、オーダー実行とは、ある特定の通貨をどういった価格で売買するかということです。これには2つの実行タイプがあります。1つ目は、現在有効な価格ではいつでも買えるとブローカーに伝える方法です。2つ目は、特定の、もしくは自分の好みの価格でしか買わない方法です。より詳細にこれらのタイプを考えていきましょう。

市場&即時実行:この2つの違いは何か?

即時実行とは、表示価格通りにオーダーが実行されるか、オーダーをした際に急激な価格変動があるとオーダーが実行されないというオーダー実行方法のことです。ある特定の価格に対してトレーダーの同意があった場合にのみ、オーダーがオープンもしくはクローズされます。言い換えると、リクオートが生じうるということです。正確な実行が大事だと考える初心者の方は大抵この実行タイプを好みます。

市場実行は即時実行の逆です。こちらの方が速く、確実なオーダー実行が特徴的です。いかなる場合であっても、オーダーは現在の市場価格で開かれます。市場の変動性が高い場合は、価格にズレが生じることがあります。つまり、オーダーが新しい価格で実行されます。表示された市場価格よりも低くなるか高くなるかのどちらかです。しかし、トレーダーは常にオーダーをクローズする際に利益を得る機会を持ちあわせています。ポジションを開くのが最優先であるトレーダーは市場実行を選択しましょう。

どのような原則でそれぞれの方法が機能するのかを明確にするため、以下の例を用いてオーダー実行のメカニズムを考えていきましょう:トレーダーがEUR/USDを買いたければ、買いポジションを開きます。その過程の中で価格が変動(上昇もしくは減少)するかもしれません。即時実行では、ブローカーが新しい見積もりでリクオート(再三要求)を送ります。トレーダーはこの価格で通貨を買いたいかどうかを決めます。市場実行では、トレーダーの確認なしに取引が変動後の価格で実行されます。

取引を楽しく快適なものにするため、Justforexはオーダーの市場実行をお客様に提供しています。この実行タイプでは、トレーダーは取引をコントロールし、即座に意思決定ができます。毎秒カウントされ、少しの遅れがかなりの損失につながってしまうのであれば、こういった少しのスピード感が莫大な利益を生み出すことがあります。

市場実行のメリット全てをこの比較表でご覧いただけます:

即時実行:

  • オーダーの実行に3-5秒かかります
  • リクオート
  • 実行は市場次第となります
  • ディーラーを通して市場にアクセス
  • ブローカーが価格を提供する
  • もっと良い価格でオーダーを開けない
  • 取引戦略(スカルピング、ヘッジング、ニュース取引、EA使用)に制限アリ

市場実行:

  • オーダーは一瞬で実行される
  • リクオートなし
  • 実行は必ずされる
  • 直接、市場へアクセス
  • 価格は市場から直接提供される
  • もっと良い価格でオーダーを開く機会アリ
  • 取引戦略(スカルピング、ヘッジング、ニュース取引、EA使用)に制限なし