週末や祝日に証拠金率が変更します。

この記事では、金曜日の22:00 (GMT+3) から月曜日の02:00 (GMT+3) まで公開されているポジションに関する最大レバレッジが1:200に変更されます。これらの変更に応じて証拠金率も計算されます。取引セッションの開始後、つまり月曜日の02:00 (GMT+3)以降に、クライアントの口座内資金量や選択したレバレッジに基づき、これらのポジションの証拠金が再計算されます。

証拠金がどのように変更されるのか理解していただくために、下にいくつかの例を用意いたしました。注意しながらご覧ください。

例1 . IMR*(増加証拠金率)の期間中に取引を開始および終了する場合

仮にあなたが当社のプロ口座を1:1000のレバレッジで利用していて、口座通貨がUSDだったとしましょう。
時間 アクション 取引口座の合計証拠金
水曜日、12:00 GMT+3 入する最初のオーダーを開始 100 USD
金曜日、23:00 GMT+3 USD/CADを0.5ロット分購入する2回目のオーダーを開始 350 USD
金曜日、23:30 GMT+3 USD/CADを1ロット分購入する最初のオーダーを終了 250 USD

トレーダーは証拠金率が増加し始め、口座の証拠金が100 USDに達する前にオーダーを開始します。そして、他のオーダーを開始することにします。しかしながら、ここでIMRが稼働します。つまり、2回目のオーダーの証拠金は1:200のレバレッジに応じて再計算され、通常だと証拠金は50 USDになるのですが、ここでは250 USDになります。2つのオーダーの合計証拠金は350 USDとなります。IMRがまだ稼働中である金曜日23:30 GMT+3に最初の取引を終了します。そうすると、250 USDの証拠金が未処理オーダーとして残ります。

注意! IMR期間中に開始されたオーダーにのみ、証拠金が再計算されます。IMR前にオーダーが開始された場合は、証拠金は同じままです。

例2. IMR中に取引を開始し、IMR後に終了する場合

1:1000レバレッジ、口座通貨USDのプロ口座で同じ例を見てみましょう
時間 アクション 取引口座の合計証拠金
火曜日、12:00 GMT+3 USD/CADを2ロット分購入する最初のオーダーを開始 200 USD
金曜日、23:00 GMT+3 USD/CADを1ロット分購入する2回目のオーダーを開始 700 USD
金曜日、11:00 GMT+3 USD/CADを1ロット分購入する2回目のオーダーを終了 200 USD

トレーダーはIMRが稼働するまでに最初の取引を開始します。そして、IMR期間中に2回目のオーダーを開始します。2回目の取引における証拠金は1:200のレバレッジに応じて再計算され、500 USDとなります。ここでの合計証拠金は700 USDです。月曜日02:00 (GMT+3) 以降は、2回目のオーダーの証拠金は取引口座のレバレッジに応じて再計算されます。現在の合計証拠金は300 USDです。ここでトレーダーが2回目のオーダーを終了すると、証拠金は200 USDになります。

IMR期間中に取引を開始し、証拠金率が前の状態へと戻ってしまった際に取引を終了すると、レバレッジと証拠金はこの取引に対して再計算されますのでご注意ください。

例3. IMR期間中にヘッジングポジションを開始する場合

具体例:プロ口座、1:1000レバレッジ、口座通貨—USD
時間 アクション 取引口座の合計証拠金
金曜日、18:00 GMT+3 USD/CADを1ロット分購入する最初のオーダーを開始 100 USD
金曜日、23:30 GMT+3 USD/CADを1ロット分売却する2回目のオーダーを開始 0 USD

IMRが稼働する数時間前に、USD/CAD通貨ペアを購入するポジションを開始します。証拠金は通常通り計算されます。IMRが稼働し始めてから、そのトレーダーはUSD/CADを売る反対の取引を開始するとします。しかしながら、2回目のオーダーを開始すれば1回目のオーダーをヘッジングすることになるので、ヘッジされたポジションの証拠金はゼロとなり、取引口座の合計証拠金もゼロとなります。

注意! Justforexの全ての口座では、ヘッジされたポジションの証拠金が0となります。

例4. IMR中の部分的なヘッジング

具体例:プロ口座、1:1000レバレッジ、口座通貨—USD
時間 アクション 取引口座の合計証拠金
火曜日、16:00 GMT+3 USD/CADを2ロット分購入する最初のオーダーを開始 200 USD
木曜日、13:00 GMT+3 USD/CADを3ロット分購入する2回目のオーダーを開始 500 USD
金曜日、23:15 GMT+3 USD/CADを4ロット分購入する3回目のオーダーを開始 100 USD

トレーダーは最初のオーダーを開始し、その証拠金が200 USDとします。そして、2回目のオーダーを開始し、その証拠金が300 USDとすると、現在の合計証拠金は500 USDとなります。

IMRがすでに稼働されている際に3回目のオーダーを開始します。その3回目のオーダーはそれまでのオーダーを部分的にヘッジングしていることになります。開始したオーダーが逆オーダーと時間差が近い場合は、それが最初にヘッジされることになります。したがって、この場合では、2回目のオーダーと最初のオーダーの1ロットが完全にヘッジされています。USD/CADを購入する1ロットはヘッジされていないままで、合計証拠金は100 USDとなります。

例5. IMR中にヘッジしたポジションを終了する場合

具体例:プロ口座、1:1000レバレッジ、口座通貨—USD
時間 アクション 取引口座の合計証拠金
水曜日、16:00 GMT+3 USD/CADを1ロット分購入する最初のオーダーを開始 100 USD
木曜日、18:00 GMT+3 USD/CADを2ロット分購入する2回目のオーダーを開始 300 USD
金曜日、17:00 GMT+3 USD/CADを5ロット分売却する3回目のオーダーを開始 200 USD
金曜日、23:30 GMT+3 USD/CADを5ロット分売却する3回目のオーダーを終了 2700 USD

1回目のオーダー開始後は口座の証拠金が100 USD、2回目のオーダー開始後の合計証拠金は300 USD (100 USD + 200 USD) に増加し、ポジションの部分ヘッジングにつながる3回目のオーダー開始後は証拠金が200 USDへと減少します:500 USD – (100 USD + 200 USD)。

そして、IMRが稼働中である一方、ここでトレーダーが取引口座上のポジションを部分的にヘッジングしている3回目のオーダーを終了するとします。Justforexが定める規則に従うと、証拠金計算に関して、修正レバレッジや増加証拠金率という観点から見ると、そのようなオーダーの終了は新しい取引を開始するのと同じになります。

ですので、IMR期間中にUSD/CAD通貨ペアを5ロット売却するオーダーを終了するということは、証拠金に関して新しいポジションを開始することと等しくなります。1:200レバレッジでのUSD/CAD 5ロットに対する証拠金は2500 USDとなります。証拠金の現在価値に対して、未処理取引への合計証拠金、200 USDが追加されます。したがって、取引口座に対する合計証拠金は2700 USDとなります。

この証拠金は未処理のポジションへその量に比例して分配されます。つまり、最初のオーダーは証拠金の⅓、2回目のオーダーは証拠金の⅔を得ることになります。これらのオーダーの証拠金はそれぞれ900 USDと1800 USDになり、最初の2つのポジションを終了する際に考慮すべき点です。

証拠金計算に関してまだ質問や問題がある方は、当社のサポートチームまでご連絡ください。

* IMR – 増加証拠金率