US30 – USウォール・ストリート 30 インデックスの取引

ダウ・ジョーンズ・インデックス、ウォール・ストリート30インデックス、DJ30、ダウ・ジョーンズ30とも呼ばれるUS30は、アメリカで最も古いインデックスの1つです。 JustForexはトレーダーに通貨ペアだけでなく、特にUS30のインデックスでのトレーディングを提供しているので、US30トレーディングを今すぐ始められます。その前に、インデックスの種類とその動向に影響を与える要因に関する情報を理解しておきましょう。

  • スプレッド: 20から
  • Tick単位: 0.10
  • スワップ(ピップス)ロング:-6.00%
  • スワップ(ピップス): -3.00%

US30について

The Wall Street Journalの編集者であり、Dow Jones&Companyの創設者であるCharles Dowは、米国株式市場の発展の跡をたどるためにUS30を作成しました。

当初、US30はアメリカの大手企業12社の株価の算術平均値でした。現在、インデックスはアメリカの大手企業30社をカバーしています。これらは、アップル、コカコーラ、ナイキ、マイクロソフトなどの大企業および製造業者です。このインデックスは、アメリカの現在の経済状態を示す最も単純な指標と考えられています。 US30に基づいている企業のリストは変更される可能性があります。The Wall Street Journalの編集者は、株式市場の状況に基づいてこのリストをレビューおよび更新しています。

このインデックスは、大企業の平均株価を使用したダウの市場分析理論に基づいています。これらのいずれかの平均値が前の局所的ピークを超えて上昇し、その後に2つ目の指標が同様に増加した場合、市場全体の傾向はプラスになると考えられています。両方の指標が以前の局所的最小値を下回る場合、これは一般的に減少傾向になると考えられます。これは、株式市場の将来の変化を予測するための基盤となる理論です。

ウォール・ストリート 30 インデックスに影響を与えるものとは?

ダウ・ジョーンズは、世界情勢、自然災害、戦争、政情不安や経済のニュースによって影響が与えられます。投資家は、US30を取引している間は、現在起こっている出来事に目を向け、市場の反応を予測しましょう。

以下のような経済的報道がある最中にインデックスは変動します:
  • 失業率
  • 新規雇用の数
  • GDPなど

US Wall Street 30は、価格加重インデックスです。これは、高い株価が低い株価よりも平均比率に強い影響を与えることを意味します。この点に関して、専門家たちはダウ・ジョーンズが市場に対してあまり正確でない指標であると考えています。ちなみに、インデックスの対象となる企業が少なすぎるので、株式市場全体の状態を評価することができません。したがって、客観性を高めるためにS&P 500インデックスと併用されることがよくあります。

取引時間

JustForexでは、US30を月曜日から金曜日まで1週間に5回取引することができます。株式市場は週末が休みとなっています。また、アメリカのレーバーデイのような世界各国での祝日においては株式市場が運営されないことがありますのでご了承ください。取引スケジュールや取引時間の変更を全て当社のニュースに掲載しています。最新情報を手に入れましょう!