CFDとは何か:特徴とメリット

外国為替は、通貨ペア、指数、貴金属の取引を含む、収益を上げるための多くの方法を提供しています。CFDは最も人気のある手段の1つです。

CFDは差額契約を意味し、原資産に基づいています。これらは、株、指数やその他の商品になります。CFD取引をする際は、トレーダーは価格が上昇するか下降するかを予測しながら、価格変動から利益を得ます。

以下の原則に従ってCFD取引は機能しています:資産を選択し、価格がどの方向に変動するかを予測します。予測が正確であれば、利益が生じます。例えば、US Wall Street Index 30 Index (US30)が成長し、値上げのためにCFD契約を締結すると信じているとします。その選択のまま取引が閉じられると、指数は上がり、ブローカーは現在価格と公開価格の差額を支払うことになります。

CFDの特徴は資産自体ではなく、価格だけで取引をするということです。つまり、トレーダーは資産自体を保有することによってではなく、原資産の価格から利益を得るのです。

差額契約は原資産の価格変動に基づく金融派生商品です。同時に、この資産の所有権は許諾されません。

歴史的事項。印鑑税の支払いを避けるため、90年代前半にイギリスで差額契約が登場しました。こういった取引の仕方は株式を保有することとは異なるので、CFDには税金が課せられませんでした。ヘッジファンドは初めてこの手法を用い始めた人で、その少し後に小売商売人たちが利用可能できるようになりました。当時は、取引は購入時と販売時の株式価値における差額しか関係ありませんでした。今日では、ブローカーはほとんど全ての商品においてCFDを提供しています。

CFD取引はなぜ儲かるのか

CFD取引は非常に人気です。そのメリットは以下の通りになります:
  • 資産を保有することなく取引することができ、価格変動だけで利益を出すことができます。
  • CFDは長期だけでなく短期的な投資にも役立つ方法です。
  • 様々な資産から利益を出すことができます:株、貴金属、指数。
  • 取引期間は無制限で、契約はいつでも閉じることができます。
  • 長期間、短期間どちらでもいけるので、差額契約はヘッジングにも使用できます。
  • CFDは外国為替の通貨同様、追加的な差に基づいて取引されます。取引開始には多額の初期資本は必要ありません。

Justforexより。2019年7月10日