ペンディングオーダー戦略

ペンディングオーダー戦略は、外国為替トレーダーの間で高い人気を得ています。この戦略は効率が高いということで人気を呼び寄せています。この戦略により、市場参加者に対する心理的なプレッシャーを軽減し、急激な価格変動の状況で収益性の高いポジションを開くことができるのです。この戦略のおかげで、外国為替取引からの収益性は数倍増加することがあります。これは初心者だけでなく専門家によっても取引の効率を向上させるために使用されています。

location of the indicator in the terminal
指標の場所
端末における

ペンディングオーダー戦略を効率的に使用する方法

取引でこの戦略を上手く使用するには、注文実行、ストップロステイクプロフィットオーダーの選択、そして注文実在期間に影響する価格を決めましょう。

ペンディングオーダーの種類
ペンディングオーダーの種類
ペンディングオーダー戦略は以下のアクションを実行することが基本となってきます:
  • まずはエントリーポイントの決定ですが、これにはいくつか方法があります。1つ目は主要なエントリーポイントを決定すること。これには、トレーダーは重要な最低価格と最高価格を定める必要があります。その地点に到達すると、たいていの場合は動向がそのまま動き続けます。

    価格がしばらくの間一つの価格チャネルで動いている場合、その動向が止まるということを予想して注文パラメーターを設定することができます。ときどき、サポートラインあるいはレジスタンスラインが止まるということを期待してペンディングオーダーを置くこともあります。

    また、買い指値注文と売り指値注文を出すこともできます。その2つは、価格が特定のポイントに達することを期待して配置されており、買い指値については現在の価格よりも低くなり、売り指値についてはより高くなり、現在の動向に変わります。ペンディングオーダー買いストップの場合、価格は上昇トレンドで動き続けることが予想され、これは価格が上昇することを意味します。売りストップではすべてが逆になり、価格は下降トレンドで動き続け、注文が行われている水準に向かってさらに低下します。

    次はニュースを使う方法です。トレーダーは事前に主要なニュースがいつ解禁されるかという情報をつかんで、現在の価格と比較して高いあるいは低い価格で注文を行う必要があります。ニュースを確認すると、その動向は動き続けます。そうでなければその反対のことが起きるでしょう。いずれにしても注文実行は行われます。

  • ストップロスオーダーを行うこと。ストップロスオーダーを行うこと。このオーダーはトレーダーの取引戦略や資金管理に伴い行われます。

  • テイクプロフィットオーダーを行うこと。パラメーターはトレーダーの願望や特定の通貨ペアにおける現在の市場状態によって異なります。期待できる利益や動向が反対に動いた時の収益性を推定しておきましょう。

  • 注文実在期間。説明した戦略においてこの特徴は必要なものになってきます。トレーダーにより設定されたパラメーターでペンディングオーダーを実行させるためには、注文が終了する期間を決めなければいけません。そうでなければ、トレーダーの取引戦略通りに注文が実行されなくなります。

同じようなニュアンスを考慮すると、効率的にペンディングオーダー戦略を使用できるようになることや外国為替取引の成果をあげられるようになることは可能です。

Justforexより。2017年8月5日