AMLポリシー

JustForexは、マネーローンダリング防止(AML)コンプライアンスおよびテロ資金調達反対への最高基準を徹底しており、経営陣および従業員は指定された基準に従う必要があります。

マネーロンダリングとは、不正行為 (詐欺、贈賄、テロなど)から受領した資金を、実際の資金源を隠蔽または曲解する.ために、合法的に見える他の資金や投資に変換するプロセスのことで。

マネーロンダリングのプロセスは、3段階に分けられます。
  • プレイスメント。この段階では、資金は小切手、銀行口座、送金などの金融商品に変換されるか、再販売可能な高付加価値商品の購入に使用されます。銀行や非銀行機関 (通貨交換機など) に物理的に入金することも可能です。機関の疑惑を避けるため、入金者は一度に全額を入金するのではなく、何度かに分けて入金を行うこともあります。このプレイスメントは「スマーフ」と呼ばれています。
  • レイヤリング。資金は他の口座やその他の金融商品に振り替えられ、移動します。これは、資金源をごまかし、複数の金融取引を行った企業の表示をごまかすために行われます。資金を移動してその形態を変えることで、ロンダリングされている金額の追跡を複雑にします。
  • インテグレーション。資金は、合法的に商品やサービスを購入できるものとして流通します。

AMLポリシー

JustForexは、金融市場でサービスを提供しているほとんどの企業と同様に、マネーロンダリングの原則に準拠しており、不正に取得した資金の合法化を目的とした行動、またはそれを促進する行動を積極的に防止します。AML ポリシーとは、マネーロンダリング、テロ組織資金、その他の犯罪行為を目的とする犯罪者による同社のサービスの使用を防止することを意味します。

この目的のために、不審な活動に対応する機関の検出、予防、警告に関する厳格な方針が当社により導入されました。さらに、JustForexには法執行機関が顧客の活動について知らされていることを顧客に報告する権利はありません。すべての企業の顧客を特定し、すべての業務の詳細な履歴を管理する複雑な電子システムも導入されました。

マネーロンダリングを防止するため、JustForexはいかなる状況においても現金での受付や支払いを行っておりません。当社には、違法の可能性があると見られる顧客の業務、またはスタッフの意でマネーロンダリングに関連するとみなされた顧客の業務を中断する権利があります。

当社の手続き:

JustForexは、実際に存在する人物または法人と取引していることを確認します。JustForexは通貨当局によって発行された適用法および規制に従って、必要なすべての措置も実施します。AMLポリシーは、JustForex内で次の手段によって実行されています:
  • 顧客方針とデューディリジェンスの把握
  • クライアント活動のモニタリング
  • 記録保存

顧客方針とデューディリジェンスの把握

当社のAMLおよびKYCポリシーへの準拠のため、当社の各クライアントは検証手順を完了する必要があります。JustForexは、顧客との提携を開始する前に、顧客や取引相手が身元を正しく証明できる証拠を確認しています。また当社は、信頼性のある情報源によって国として特定されているもののAML基準が不十分な他国で、犯罪と腐敗の危険性が高い他国に居住するクライアントと、指定国から資金を調達している国内居住の受益所有者に、厳格な監視を適用しています。

個々の顧客

登録の際はお客様により個人情報を提供していただきます。具体的には、氏名、生年月日、居住国、住所、電話番号、市区町村コードとなります。身分証明やKYCに対する当社の要件を満たしたり、示されている情報を確認したりするため、各個人には当社の指示に合わせて以下の情報を提供していただきます。
  • 以下の内容を含む政府発行の身分証明書の高解像度コピー:氏名、生年月日、写真、市民権、そして該当する場合は、書類の有効期限確認(発行日や満了日)、所有者の署名。身分証明書は、パスポート、国民ID、運転免許証や同様の書類となります。指定された書類は書類発行日から最低6ヶ月は有効でなければいけません。当社は指定された書類の正式なコピーを要求する権利を留保しており、そういった書類は提出日より最低6ヶ月間有効でなければいけません。当社は2つ目の本人確認書類を要求する権利を留保しています。
  • お客様の氏名と実際の住居地を含むガス、水道、電気などの公共サービスの支払いや銀行の取引明細書の高解像度コピー。これらの書類は提出日より3ヶ月以内のものでなければなりません。
認証プロセスや書類確認中に新規クライアントを受け入れる際、当社はクライアントに他の要件や手続きを適用する権利を留保しています。そのような手続きは当社が独立して判断し、クライアントの居住国などの状況により変更されます。 次の項目を含みますが、これらに限られるわけではありません。
  • 資金の入金や引き落としに使用した銀行カードの確認;
  • 当社が適切だと判断した方法での資金元、資産及び資金入金の証明書類の提出。

法人顧客

申請企業が認可または承認された証券取引所に上場している場合、または申請者がそのような企業の支配下にある完全子会社または子会社であることを示す独立した証拠がある場合は、それ以上の手順は通常は必要ありません。企業が上場しておらず、主要取締役または株主のいずれもJustForexの口座を持っていない場合、役員はKYCの要件のため、以下の書類を提出します:
  • 法人格付与証明/登録証明の高解像度コピー;
  • 商業登記簿の抜粋、またはそれに相当する書類で、企業の活動および補正の登録を証明するもの;
  • 法人格における全ての役員、取締役、受益者の顧客確認書類;
  • 管轄登記へ正式に登録されている定款の写しまたは同等の書類(高解像度);
  • 企業の登録住所と株主および取締役のリストの証明;
  • 事業の内容と本質を説明するもの(事業開始日、提供製品またはサービス、事業所在地を含む)。

この手続きは、JustForexが顧客の身元を確認し、顧客の金融取引を把握する目的で行われます。トップクラスのオンライン取引を実現するためのものです。

クライアント活動のモニタリング

JustForexは、クライアントから情報を収集するだけではなく、クライアントの活動すべてを継続的に監視することによって、不審な取引を特定して防止します。不審な取引は、クライアントの正式な事業内容またはクライアントアクティビティの監視で検出されている通常の取引履歴と矛盾する取引として検出されます。JustForexは、犯罪者による同社のサービスの使用を防止する目的で、指定取引 (自動取引、手動取引) を監視するシステムを実装しています。

入金および出金条件

振込みおよび引出しに関するすべての顧客運営には、以下の要件があります。
  • 銀行振込または銀行カードからの振込みの場合、登録に使用された氏名は、アカウント/銀行カードの所有者の氏名と一致する必要があります。
  • この方法での取引口座からの資金引出しは、振込み方法とは異なりますが、クライアントが同じ方法を使って、振込みに使用する同じ口座へ、振込む金額と同じ額を引出した後にだけ利用できます。
  • 口座が資金の引き出しに使用できない方法で記帳された場合、その資金はクライアントの銀行口座に引き落とされるか、他の方法が使用されることがあります。このことは、口座所有者の身元を証明する目的で合意されています。
  • さまざまな決済システムで口座に資金が入金された場合、資金の引出しは各入金の金額に応じて比例するものとします。
  • Visa / MasterCard、電信送金、クライアントの預金合計を超える資金の払い戻しは、Visa / MasterCard、電信送金。他の方法で入金する場合でも、クライアントの預金合計を超える資金の払い戻しは、クライアントの選択で、自由な方法を使って行うことができます。